第30回リクリセミナーは無事終了しました

リクリを手文字してみようと頑張ったのですが…

リクリを手文字してみようと頑張ったのですが…


第30回リクリセミナー「フォントのホント」は無事終了しました。
ご参加くださった69名のみなさま、ありがとうございました!

今回はフォントをテーマにウェブ業界でフォントを語らせたら右に出るものはいない鷹野さん、Webフォントメーカーである関口さんと高桑さんにご出演いただきました。
また4名の方にフォント愛だだ漏れLT大会としましてご出場いただきました。

関口浩之さん

実案件を交えてどのような制作をしているかを詳しくお話くださいました


トップバッターはソフトバンク・テクノロジーの関口浩之さんから。
文字の歴史からはじまり、Webフォントの最新事情や、フォントプラスで人気のフォント紹介や各書体を好むサイト例など、盛りだくさんのセッションでした。

高桑剛さん

君の名はのタイトルがモリサワのA1明朝とのことでその解説から


二人目はモリサワの高桑剛さん。
高桑さんはモリサワの書体を制作しているモリサワ文研で実際文字を作る際に使用している用紙を一人1枚ずつくばっていただき、この用紙から普段使っているフォントが手作業で作られているのを知れました。また文字づくりの知識として縦と横の太さの違いなど何気なく見ている文字の奥深い話をしてくださいました。

休憩を挟んで、「フォント愛ダダ漏れLT大会」を一人10分4名の方に出場してもらいました。

あわゆきさんは、自分の手書き文字をフォントにする作業について。

あわゆきさんは、自分の手書き文字をフォントにする作業について。

森さんはWindowsユーザーならではのフォントの使い方の話。

森さんはWindowsユーザーならではのフォントの使い方の話。

こざるさんはご自身のパソコンとの歴史とその時のフォント流れについて。

こざるさんはご自身のパソコンとの歴史とその時のフォント流れについて。

最後のコンチさんはNoto Sansがどれだけいいのかという話でした。

最後のコンチさんはNoto Sansがどれだけいいのかという話でした。

鷹野雅弘さん

文字にまつわるアレコレをたくさんお話くださいました。


最後のセッションは鷹野雅弘さんによる「読みやすさ、伝わりやすさのためのテキストの扱いアレコレ」。
前日に前夜祭としてお話くださった内容を交えつつ、文字だけでなく文字で表現することにも踏み込んだ内容で、密度の濃い60分でした。
セッション後にリクリが30回目ということで鷹野さんからサプライズで花束をいただきました。ありがとうございます!

最後のまとめのシーン

リクリのサイトをなんとかしないとという助言をいただきました

今回もご参加くださった、ふにすの出口さんが当日のTweetをまとめてくださいました。ありがとうございます!
https://storify.com/deroter/resem30

次回は3月25日(土)開催の「Webデザイントレンド in 大阪 2017」。
毎年恒例の大阪版。今回もお届けできることとなりました。
場所は広くなって大阪産創館での開催です。
登壇者も毎年恒例のメンバーとプラスアルファでお届予定。
お楽しみに。

今後とも、リクリをよろしくお願いします!

10/1(土)に第30回リクリセミナー「フォントのホント」を開催します

第30回リクリセミナー「フォントのホント」

2007年3月27日に発足し、9年目を迎えているリクリですが、この度ようやく30回目のリクリセミナーを開催する運びとなりました!

これもひとえにご参加くださる皆さまのおかげです。
ありがとうございます。

今回のテーマは「フォント」です。

ここ最近、抵抗なくWebフォントが使えるようになり、画像文字からの脱却が著しいWeb制作界隈。

単純に考えると、テキストを流しこんでるだけじゃデザイナーの気持ちが入ったデザインができなくなっちゃうわけです。

いやいや、それ以前に画像文字の時もちゃんと意識して文字を配置してたっけ?

なんとなーくそれらしく文字間調整とかしてたけども、知識ないな…どうしらいいんだろ?

Web業界にいらっしゃる、フォント愛溢れる皆さまに集まっていただき、お知恵を拝借しちゃいましょう。

「読めりゃいいだろ」から、「読みやすく読めた方がいいじゃん!」になる1日をご提供します。

また、今回は「フォント愛ダダ漏れLT大会」も同時開催。
フォント愛が溢れて仕方がない!いう方、10分間で語ってみませんか?
4枠準備しましたので、われこそは!という方、ご連絡お待ちしております。

皆さまのご参加、お待ちしております。

 

<イベント名>
第30回リクリセミナー「フォントのホント」
<出演>
原一浩さん(グレーティブ合同会社)
鷹野 雅弘さん(スイッチ)
関口 浩之さん(ソフトバンク・テクノロジー株式会社)
高桑 剛さん(株式会社モリサワ)
<日時>
2016/10/1(土) (13:00 開場) 13:30〜18:00
<会場>
中央会計セミナールーム
<参加費>
早期割(8/31まで・事前決済のみ)
【セミナー参加のみ】
4,500円(PayPal/銀行振込による事前決済のみ)
【セミナー + アフターパーティー】
8,000円(PayPal/銀行振込による事前決済のみ)
一般(9/1以降)
【セミナー参加のみ】
5,500円(PayPal/銀行振込による事前決済)
6,000円(会場払い)
【セミナー + アフターパーティー】
9,000円(PayPal/銀行振込による事前決済)
9,500円(会場払い)
<定員>
60名
<申し込み方法>
Doorkeeper内セミナー申込ページで受付中
<アフターパーティー>
セミナー終了後、18時15分より「飲み食い処 まいど 本町店」(大阪府大阪市中央区本町3-4-15 北吉ビル1F)にてアフターパーティーを開催します。

第30回リクリセミナー「フォントのホント」

第29回リクリセミナーは無事終了しました

登壇者全員集合!

登壇者全員集合!


第29回リクリセミナー「サイト更新ツールの最新事情!ツールを使い分けて制作者もクライアントもがっちり!」は無事終了しました。
ご参加くださった41名のみなさま、ありがとうございました!

今回はサイト更新ツールの中でまだシェアが低いであろうJimdoとa-blog cmsを中心にお客様も制作者もがっちり!になりましょうということで、6名のみなさまにご登壇いただきました。

山本和泉さん

実案件を交えてどのような制作をしているかを詳しくお話くださいました


トップバッターは、山本和泉さんの「クライアントニーズを満たす小規模サイトの作り方」。Jimdoエキスパートとして活躍されている山本和泉さんが、実際の案件ごとにどのような流れで制作をされているのかをお話いただきました。

Jimdo愛溢れる都市伝説払拭セッションでした!

Jimdo愛溢れる都市伝説払拭セッションでした!


2人目はJimdoJapanの長嶋亜紀さん。Jimdoが日本で登場して7年。当初に比べて格段に使い勝手がよくなっているJimdoですが、いまだに昔のイメージのままの人が多いということで都市伝説としてJimdoの良さをお伝えくださいました。

コンテンツファーストを実現できるa-blog cmsでの製作例を。

コンテンツファーストを実現できるa-blog cmsでの製作例を。


3人目はアップルップルの山本一道さん。「a-blog cms を使ったコンテンツファーストなWebサイト制作」ということで、コンテンツからサイトを作っていくのにa-blog cmsが適しているということをお伝えくださいました。
6/30刊行の初のa-blog cmsの本「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」となんと5万円のライセンスを1本合わせてプレゼントいただきました!太っ腹!

直前の一道さんのスライドを受けてのアイスブレイクが秀逸でした!

直前の一道さんのスライドを受けてのアイスブレイクが秀逸でした!


4人目はa-blog cmsのエバンジェリストである赤木崇さん。なんと7月から農業サービスに従事するとのことで一旦Webからは足を洗うという電撃的な話がありました。社内でデザイン部を発足しその中でa-blog cmsを活用したワケをお話くださいました。

映画館で見た予告がモリサワフォントだらけだったというお話もありました。

映画館で見た予告がモリサワフォントだらけだったというお話もありました。


5人目はモリサワの高桑剛さん。
フォントの個性についての話とモリサワが提供しているWebフォント「TypeSquare」についてお話いただきました。
「書体は水や空気のようなもの」という言葉が胸に刺さった方が多かったのではないでしょうか?
高桑さんは次回のリクリでも登壇頂く予定ですので、たっぷりフォント愛あふれるお話をしてくださると思います。

永野英二さん

自分なりの営業方法でここまでできるのか…と感心しきりでした。


最後は福岡来てくださった永野英二さんの「小さな制作事業主だから考えた「ビジネス」のやり方」。がっちりの部分を実体験を元にお話くださいました。Web制作という固定概念がない中でスタートされたことも永野さんの事業が上手く行っている理由なのだと感じさせられました。

ご参加くださった、ふにすの出口さんが当日のTweetをまとめてくださいました。ありがとうございます!
https://storify.com/deroter/resem29

次回のリクリは10月1日(土)です。
第30回目のテーマはフォント。
スイッチの鷹野雅弘さん、ソフトバンク・テクノロジーの関口浩之さん、モリサワの高桑剛さんをお迎えしてお届けします。
登壇者はもう少し増えるかもしれません。

ご興味ありましたら、ぜひお越しください。

6/25(土)に第29回リクリセミナー「サイト更新ツールの最新事情!ツールを使い分けて制作者もクライアントもがっちり!!」

第29回リクリセミナー「サイト更新ツールの最新事情!ツールを使い分けて制作者もクライアントもがっちり!!」

6月25日(土)に第29回リクリセミナー「サイト更新ツールの最新事情!ツールを使い分けて制作者もクライアントもがっちり!」を開催いたします。

今回のテーマは「サイト更新ツール」。

Webサイト制作のツールも日々進化して、より素早く制作を行える環境が整ってきていますが、クライアントがサイトを更新する際に使われるCMSを初めとしたツールも進化しています。

しかし、制作費用に対しては、かなりシビアに見られることも多く、決まったツールをどの案件にも同じように提供していくのは、自身のビジネスにも影響があるかもしれません。

更新ツールを利用する理由は、自分たちで素早く情報を発信できるようになること。予算やクライアントのスキルやサイトの規模によって、ツールを上手く使い分けることによって、制作〜納品までのサイクルを短くして新しいサイトに取り組んでいくこともできます。

今回のセミナーは、サイト更新ツール(CMS)をいくつかピックアップして、ツールの最新事情とともに、クライアントにどのようにツールを提案していくのかの実例を紹介していきます。

メインスピーカーは、広島から赤木 崇さん、福岡から永野 英二さん、東京から山本 和泉さんの3名。
サービス提供側からJimdoJapanの長嶋 亜紀さん、a-blog cmsの山本 一道さんに出ていただきます。

セミナー後にアフターパーティーも開催します。こちらも合わせてご参加ください。

ぜひご参加ください!

※ 5月31日(火)までに参加申込の方には、早期割として最大1,500円引きの値段となっております。ぜひお早めにお申込みいただけると幸いです。

 

<イベント名>
第29回リクリセミナー「サイト更新ツールの最新事情!ツールを使い分けて制作者もクライアントもがっちり!!」
<出演>
赤木 崇さん(株式会社 オレンジシステム広島)
長嶋 亜紀さん(KDDIウェブコミュニケーションズ)
永野 英二さん
山本 和泉さん
山本 一道さん(有限会社アップルップル)
<日時>
2016/6/25(土) (13:30 開場) 14:00〜17:30
<会場>
中央会計セミナールーム
<参加費>
早期割(5/31まで・事前決済のみ)
【セミナー参加のみ】
3,000円(PayPal/銀行振込による事前決済のみ)
【セミナー + アフターパーティー】
6,500円(PayPal/銀行振込による事前決済のみ)
一般(6/1以降)
【セミナー参加のみ】
4,000円(PayPal/銀行振込による事前決済)
4,500円(会場払い)
【セミナー + アフターパーティー】
7,500円(PayPal/銀行振込による事前決済)
8,000円(会場払い)
<定員>
150名
<申し込み方法>
Doorkeeper内セミナー申込ページで受付中
<アフターパーティー>
セミナー終了後、18時より「飲み食い処 まいど 本町店」(大阪府大阪市中央区本町3-4-15 北吉ビル1F)にてアフターパーティーを開催します。

第29回リクリセミナー「サイト更新ツールの最新事情!ツールを使い分けて制作者もクライアントもがっちり!」

第28回リクリセミナーは無事終了しました

3月20日(日・祝)に開催した第28回リクリセミナー「Webデザイントレンド in 大阪 2016」は無事終了しました。
128名の方にご参加いただきました。
会場の都合上、大変ギュウギュウでご不便をおかけして申し訳なかったです。

1つ目のセッションは、スマホチームによる「スマートデバイス 2015→2016」。今回は多分最後のスマホチームということで、渾身のリサーチでECサイトを特集してくださいました。

[写真]スマホセッション

ECサイト特集でした


 
2セッション目はたにぐちさんと松田さんによる「ミニセッション:プロトタイピングツールとWeb制作」。お二人がオススメのプロとタイミングツールを紹介するセッションです。
[写真]InVisionを説明する松田さん

松田さんはInVision、たにぐちさんは、Prottを紹介。

 

3セッション目は、関口さんによる 「Webフォント最新事情(2016年版)」。Webフォントは毎年進化しつづけているところですので、みなさんの興味のかなりあったようです。

[写真]フォントプラスの関口さん

松田さんはInVision、たにぐちさんは、Prottを紹介。


 
4セッション目は、深沢さんによるサイボウズLiveと深沢さんが運営しているJUSOコワーキングの紹介。サイボウズLiveも昨年大きな変化がありました。年々使いやすくなってます。

[写真]JUSOコワーキングのチケットをあいこじゃんけんで

あいこじゃんけんでJUSOコワーキングの5回利用券をプレゼントくださいました


 
最後はWebデザイントレンド。今年もそれぞれの目や自治体編のショートバージョンもあり盛りだくさんの90分でした。

[写真]デザイントレンドチーム

Webデザイントレンドは10年目。大阪版は5年目。


 
懇親会は50名の方が集まる大宴会となりました。初めてリクリに参加したと仰る方が多かったとのことで、ありがたい限りです。
最後に出演者全員で写真を撮りました。

 

resem28_06

全員集合!

今年で5年目を迎えた大阪版。
昨年からはスマホチームも大阪版のメンバーに加わり、ちょっと他ではないWebデザイントレンドをさせてもらっております。

Webデザイントレンドは、毎年末東京で開催されるCSS Nite Shiftで初稿が発表され、そこから各地で開催されていきます。
大阪版では、オリジナルメンバーだけではなく、その土地で活躍している人をメンバーに加えることにしてまして、大阪版では2年目から深沢さん登場いただき、いまでは欠かすことのできないメンバーとなってます。
他にも、新たにミニセッションが加わったり、スマホチームとデザイントレンドチーム合同セッションをやってみたり…と独自の進化をとげております。
毎年続けてやっているからこそ新たなチャレンジができ、独自の進化を遂げることとなりました。
ぜひほかの地方でもWebデザイントレンドが普及し独自進化をしたら楽しいな、と思っております。

改めまして、ご参加くださったみなさまありがとうございました。
そしてご協賛くださったCPIさま、サイボウズLiveさま、フォントプラスさま、Adobeさま、エイクエントさま、バイドゥさま、JUSO コワーキングさま、ありがとうございました。

来年も今年と同じメンバーで開催できるように尽力していきますので、ご興味ご感心のある方はまたご参加いただけると幸いです。

大阪版に参加できなかった方は、4月23日(土)に名古屋版が「WCAN 2016 Spring」にて開催されますので、こちらもぜひどうぞ!

ページ 1 of 5012345678910...203040...最後 »