第11回リクリセミナー with ワークショップ「ユーザーのコンテクストから考える ウェブサイトの情報設計」は無事終了しました

resem11_cover

第11回リクリセミナー with ワークショップ「ユーザーのコンテクストから考える ウェブサイトの情報設計」は、無事終了しました。
ご参加いただいた27名のみなさま、そして会場を貸してくださったパソナテックさん、ありがとうございました。

今回は、情報設計を日常の業務で行ってらっしゃるKDDIウェブコミュニケーションズの藤田淳子さんをお迎えし、60分間のセミナーと5時間弱という長時間でのワークショップという内容。

セミナーパートでは、ユーザのコンテクストを考えることの重要性を実際のプロジェクトを交えて解説いただきました。収益を目標としたウェブサイト制作に携わっている人には、特に刺さる内容だったと思います。

ワークショップは、大阪市博物館協会のウェブサイトを「美術館・博物館へ行きたいユーザー向け」に再設計するというものでした。
フローに基づき段階を踏んだワークショップだったので、焦ることなくじっくり取り組めるものでした。

時間が若干オーバーしたものの、手加減なしの内容をお届けできたと思います。
藤田さん、長時間の講演ありがとうございました!
今回でセミナー出演は最後という藤田さんですが、素晴らしい内容ですのでぜひまた復活して頂きたいです。

藤田さんが当日のTwitterをまとめて下さいました。
20130518*第11回リクリセミナーwithワークショップ

各チームに分かれてブレスト

各チームに分かれてブレスト


付箋で各チームが考えるコンテンツをまとめていく

付箋で各チームが考えるコンテンツをまとめていく


ワイヤーに落としこんでいく

ワイヤーに落としこんでいく


お互いの意見を出しあう

お互いの意見を出しあう


各チーム6分間で発表

各チーム6分間で発表


お互いのチームの発表を真剣に聞く皆さん

お互いのチームの発表を真剣に聞く皆さん


チームの発表に丁寧にコメントを寄せてくれる藤田さん

チームの発表に丁寧にコメントを寄せてくれる藤田さん

コメントをどうぞ

トラックバック URL

トラックバック